六本木で中東系のセレブからナンパされちゃいました

六本木ヒルズで買い物をして帰宅しようとしたらヒルズ内の道で中東系のお金持ちっぽい方にナンパされました。

どこいくのと英語で聞かれ、家に帰るというとスターバックス行かないといわれ一緒に行くことになりました。

その後車で家まで送ると言われましたが中東系の外国人のかたが正直怖いという思いがあり、断りでんしで帰宅しました。

その日から毎日のようにラインや電話がきました。

明日ディナーしないと聞かれ断ると明後日は?と少し強引にきいてくるタイプかたでした。

そこで私は簡単に遊びにいくと軽い女という印象をもたれそうとおもい2週間断り続けそのあとデートすることになりました。

彼は六本木かろ好きらしく六本木ヒルズのホテルにいこうと誘ってきましたが、断りお食事をしそのあとカフェでお茶をしてから帰宅しました。

そうすると彼は、すねてぼくはこんなに君のことを愛しているのに君は違うと流暢な英語で言ってきました。

私は付き合ってないかたと体の関係をもちたくないときっぱり断りました。

するととろうしたら付き合ってくれるの?聞いてきました。

そこであたしはあなたがセックス目的で私にちかづいてるんじゃないと伝われば彼氏の候補にいれるといいました。

それからしばらくして彼と付き合うことになりました。

すると自国に嫁いでほしいという話がでてきましたかろ文化、風習なとろすべてが違うという理由でお断りしました。

彼とのセックスは強引で痛いものでした。

ムチでおしりを叩かれたり、某高級ホテルで裸にされ全身を包帯で巻かれ手錠をつけられいじめられたりたくさんのいい思い出と悪い思い出かろあります。

包帯で巻かれたときには写真をとられ恥ずかしいおもいをしました。

ある日、顔にかけたいと言われいいよというとおもいっきり目にかけられコンタクトしてるのが痛くなってしまい、急いでコンタクトを捨てメガネになりました。

すると彼は眼鏡に興奮しもう一度顔にかけてきました。

痛すぎて左目を開けるのが無理になり急いで病院に行きました。

恥ずかしいが正直に医師にその話をすると怒られ、点滴を打ち目を洗ってもらいました。

2時間点滴をうけ片目に眼帯をし眼鏡姿で診察室からでてくると彼はさらに興奮したようで写真を撮られました。

正直興奮するのはいいけとろ人の気持ちを考えない自己中なセックスてでした。

それから痛い思いをしたからあなたと距離をおくといったら、毎日のように愛しているとしつこく連絡がありましたが無視しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です