おばさんなりの恋愛観

何も追いかけるこちらから、仕掛けていくやり方ばかりが恋愛とは限らないと思うのです。

このことに私が気が付いたのは時がすでに流れていました。

人生の半ばに入ってしまった40代前半の頃でした。

ええ世間ではすっかりと不本意ながら中高年の扱いを受けてしまうのです。

心の中では「まだまだ私は若い。」と思っていましても世間はそんなに甘くはありません。

まぁ同年齢プラスマイナス1歳ぐらいの差なら、ばそれぐらいの同性ならば話が合うと思うのです。

心がいくら若くても世間では現実のところ知らない間に、「おばさん扱い」をされていることはしばしばあるのかもしれません。

まぁ私のほうでも目上の男性からは「どんくさい。」と言われながらも素早い勘づきではなかったにしましても、そろそろ年若い男性からは「おばさん扱い」を受けるのではないかと面白くはなかったのです。

しかし不本意ながら、自分自身よりも年若い感じの男性を前にしますとまったく何も言われなかったとしましても自らさっと引き下がっているのです。
特に40代に入ってからはそうなのです。日常生活の中何気ないシーンの中でさっと我が身を引いています。

こちらだってみすみすのところ何度も傷つくのはごめんなのです。それでなくてもこの長引いてしまった大不況のおかげで就職活動ではさんざん残念ながら不採用のご連絡をいただきすでに心は非常に傷ついているのですから。

ですから相手の男性を目の前にした時見るからに私自身よりも年上なおしゃれな男性に見えただとか私自身が入る隙間があるスペースがある時にだけその男性の目の前に座り続けてお話を続けることにしています。

私も実はこの記事では顔や全身写真の掲載が要らないために飾ることのない本音を書いていきますが「やっぱり年には勝てない。」と偶然にも街の中で映し出されました自分自身の全身の姿たとえそれが洋服をすっかりと着ていました姿でありながらもここのところは毎日のようにそのように感じています。

ですから合コンなど参加する勇気がございません。まったくの知らない人同士それもまったく知らない異性と明るい照明の下で出会うのですから。悲惨な思いがします。

まぁもはや合コンの年齢制限で上限に引っかかるとは思いますが・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です