6年間付き合った彼との別れ

6年間付き合った彼氏と別れましたが、出会いは大学生一年生の冬。

同じ学部だった彼からアプローチがありお付き合いすることになりました。

お互いがお互いを想う期間は長かったわけではなかったですが、なにかビビっときたものがあったようで、出会って数が月程でお付き合い。

彼はすごく良い人で優しく、趣味や話も合い、なんだが昔から友達だったかのようなとても良い関係で、毎日楽しく過ごしました。

私は実家暮らしで、彼は一人暮らしをしていたので、よく彼の家に遊びに行き、ほぼ半同棲状態でした。

3年目までは喧嘩もしながら、仲良くお付き合いをしていましたが、私の気持ちに変化がありはじめたのは3年を過ぎたころ。

当時私がアルバイトをしていたお店にある男性が良く来るようになり、ある日お手紙をもらいました。

その内容は、「あなたのことが気になります。今度もしよかったら一緒にご飯にいきませんか。連絡ください。」とのこと。手紙の中には連絡先も書いてありました。

その男性とはおしゃべりをしていたわけではありませんでしたが、自分のタイプの人で、かっこいいなと思っていたので嬉しかったことを覚えています。

今思うとひどいことをしたなと思うのですが、私は彼氏に内緒でその男性に連絡をしました。

ですが、内容は「気持ちはうれしいですが、彼氏がいるのでいけません」というもの。断りの内容ではありましたが、少し気になる気持ちがありました。(その男性とは、その後なにもありませんでした。)

あのとき、他の男性に気持ちがいってしまってから、私の彼に対する気持ちがだんだんと薄れていきました。

自分の気持ちに波がありながらも、そのまま3年間お付き合いをしましたが、その間別れ話もしましたし、実際に別れては戻るを繰り返しました。

また、お互い社会人になったというのもあります。学生時代から環境が大きく変わったことで、いろいろと考えるようになりました。

その時はちょうど同棲をしようとも考え、不動産屋にも見にいったりもしましたが、転勤の可能性なども考え、結局なしに。

今思うと、そこでタイミングを逃したのでしょう。その時点でもう私たちの未来はありませんでした。

6年経ったころからは、このままではいけないと思うようになり、私はずっと悩んでいました。

自分にとっても良くないですし、彼にも辛い思いをさせるだけだと。

このままずるずると付き合いをしたって、自分のなかでは結果は見えていたのですから。

ただ、5年も付き合って家族と同じくらい大切な存在である彼がいなくなることが考えられなかったですし、この先ひとりでやっていけるのか不安でたまりませんでした。

それが怖くて「別れよう」の一言が言えずにいました。私は、ずっと自分の自己中心的な考えで彼を縛りつづけていました。

そんななかでも彼はずっと「自分の時間が無駄になるのはかまわない。自分も君の時間を貰っているのだから」と言ってくれており、私に考える時間をくれていました。

そんな彼のやさしさにずっと甘え続けていたのです。

最後は自分との戦いでした。最後の最後にも彼は私をひきとめました。

私も辛い気持ちでいっぱいで、たくさん泣きましたが、もう私の気持ちは揺らぎませんでした。

長かった6年間。こんなに長く付き合った彼と別れるなんて思ってもいませんでしたが、別れたいま言えることは、本当にこの選択をして正解だったということです。

その後彼から連絡はありません。自分勝手ですが、たまに心配になります。彼には幸せになってほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です